ゼリーを食べるとほうれい線が消えるって本当?

「ほうれい線を消すのにゼリーを食べるとよい」という噂が広がっているようです。

「ある程度効果が期待できるのではないか」というのが結論です。

その理由などを書きますが、その前に確認しておきたいのは、ゼリーはお菓子だということです。

ゼリーは、ゼラチンに砂糖や香料などを加えたものです。

ゼラチンの元になっているのは、コラーゲンです。

ですので、ここからは「コラーゲンを食べるとほうれい線が消えるのか」ということでお話しします。

コラーゲンは、ヒアルロン酸やエラスチンと同じく、皮ふの下の方に存在して、皮ふの弾力を保っています。

加齢などが原因でコラーゲンが減少すると、皮ふが重たい頬を支えきらなくなってたるんできます。

そうしてできるのが、ほうれい線です。

だったら、コラーゲンを食べて補充すればほうれい線が消えるのではないかと思ってしまいます。

これまでの専門家の意見は、コラーゲンを食べるとぶどう糖やアミノ酸に分解されてコラーゲンでなくなるので、コラーゲンが補給されることはないというのが大半でした。

最近の研究では、コラーゲンの小さな粒(低分子)は、ぶどう糖やアミノ酸に分解されずに、血液の中に吸収されて、コラーゲンが存在する所にたどり着くと言われています。

ただし、そのままコラーゲンとして機能するのではなく、元々あるコラーゲンを刺激して活発にするようです。

ということで、ほうれい線を消すのにゼリーを食べるとよいというのは、ウソではないということです。

しかし、先にも言いましたが、ゼリーはお菓子ですので、食べ過ぎると太ります。

太っては頬がぷっくらしてしまい、さらにたるんで、ほうれい線を消すどころではありませんね。