投資方法

巷では株式投資とは株式相場が冷え込んで、株式投資を誰もが駄目だと思っているとき、つまり株式相場の停滞期に優良銘柄を大量に購入することが株式の絶好の仕込であるとよく言われています。確かに、株式相場全体が低迷している時期はどんな優良な企業も例外なく株価が割安になる傾向があることは多くの人たちに知られた事実です。
では、株式投資のこのセオリー通りに株価が割安になったときに、株式を普通のサラリーマン大量に買い込むことはできるのでしょうか。おそらくできないと思います。
なぜならば、サラリーマンには株価が安き時であろうと購入する膨大な資金力がないからです。
ですから、サラリーマンならば、無理に株価が安き時に株を仕込むことを考えずにドルコスト法によるインデックス投資をやって資産を形成した方がうまくいく可能性が高いのです。この方法ですと毎月決められたお金がお給料として入ってくるサラリーマンにはぴったりの投資方法だと思います。

アスタリフトを使おうかと思うけど口コミが気になる