にきび肌のケアは洗顔が必要不可欠

にきびケアの基本は、お肌の清潔さを保つために、正しい洗顔をきちんとすることです。赤いにきびや、化膿した黄色いにきびが額を中心にできることが多いにきび肌は、ケアの仕方に迷っている人が少なくありません。にきびの原因になるアクネ菌が、毛穴の詰まった部分で増加していますので、きちんと洗顔をして毛穴の詰まりを除去することがにきび対策になります。にきびができた場所に、抗炎症作用のある薬用クリームをつけるというケアもありますが、洗顔ケアがにきびの予防策の基本です。正しい洗顔とは、洗顔石鹸で何となく皮膚を洗えばいいというわけではなく、しかるべき手順があります。にきびができやすい肌を洗顔する場合は、手のひらで石鹸を泡立てて、きめ細かい泡をつくります。できた泡で顔全体を包み込む様にして、手のひらで直接皮膚を触ることなく、泡をクルクルと混ぜるようにして洗います。泡を顔に乗せて、指の腹で泡を転がすことで、皮膚をゴシゴシこすることなく汚れを泡の中に溶かし出し、洗い落とせる状態にします。毛穴の奥まで泡が届き、毛穴の目づまりの原因になっていた皮脂汚れやアクネ菌が泡の中へと溶け出していくようにすることで、顔についていた汚れを取り除ける状態にします。汚れが皮膚から剥がれたころを見計らって、しっかりすすげば終了です。にきびケアを目的とするなら、朝晩の一日二回か、それが無理なら一日一回はしっかりと洗顔をしましょう。にきびがある場所は、洗顔後に薬用クリームをつけておくことで、お肌の状態を改善に導いていくことが可能になります。

おすすめのフェイスオイルと使い方について