首イボのできる原因

首イボは茶色または肌色の米粒よりも小さな突起物で、老人性のイボの一種です。イボの大きさは1から2ミリ程度で原因は紫外線や摩擦の影響で、さらに乾燥肌の人は首イボが出来やすい特徴があります。

首イボは30代以上の人が出来やすく、肌のタイプによっては20代でも発生することがあります。特に色が白くて柔らかい肌の人に多く出る傾向があります。摩擦と紫外線の影響があることから首だけでなくワキの下や股など擦れる部分にもできることがあります。

首イボは老化現象によって角質が変化しただけなので、人体に悪影響を与えるものではありません。肌にひっかかりがあったり、少しかゆみがともなったりなどの不快なものがありますが、ほとんどの場合無症状なため発生に気づかないことが多いです。

痛みがある場合には他の病気の可能性があるため皮膚科の受診をおすすめします。皮膚科にてピンセットやハサミなどを使って首にできてしまったイボを除去してもらうことができます。

ハサミで除去しますが、イボ自体が水分が完全にない角質の突起なため痛みが少なくすぐに除去することができます。医療用のハサミで突起したイボを取り除くため周りの皮膚を傷つけることはありません。

処置終了後には可能度目の軟膏を塗って絆創膏を貼って終わりです。美容外科では一般的にレーザーを使って治療を行います。ホクロや痣の除去に利用する方法ですが、首イボにも効果的です。

麻酔を行ったあとに炭酸ガスレーザーを利用します。麻酔を利用するため痛みがありません。クリアポロン